<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

TransformSpirit:1[確認]

0









    【ヨウハ科学研究所】

    それは地下、一番奥の、暗い廊下の突き当たり。
    光に導かれるように歩いていけば、そこには一つの扉。
    開けると、一面のガラスの中に、それはいる。
    手前には小さな個室があり、機械が並べられている。

    いつもボタンが一つ足りないような服を着ているスノウ
    博士の助手。

    スノウ「博士、ハイル全然変化ないですね、どうなんでしょう、
        何か薬の投与で変化させるというのはできないんでしょうか?」
    博士「うん…未だ何の遺伝子が関与してそうさせているのか、解明できないかぎり無理だな。
       まぁ、それを解明するために今実験をしているんだけどね。ちょっと様子を見てくる」

    博士はその整った顔を隠すかのように髪がのび放題。

    博士「調子はよさそうだな」
    ハイル「…」
    博士「奇麗に食べているし」
    ハイル「…」
    博士「君はどうしたら性別が変化するんだ?
       男性性や女性性に意志的に変化できるのか、
       それとも特殊な魚のように集団の中の強い者が雌になり、
       一定の規模のサークルを作るのか…
       まさかハイルという種族が本当にいたなんて…
       それに君のような性分化前というのは本当に珍しいんだ」
    ハイル「…」
    博士「外的刺激では変化はしないようだね、君はこのまま無性のままなのかな
       それとも単に異常種…?」
    ハイル「…」
    博士「仲間はいるのかな、
       もし仲間がいるのなら一緒にしてあげてもいい。
       もちろん、少しは協力してもらうけど…
       君たち今絶滅の危機に陥ってる。僕たちは協力したいんだ…

       …なんて…言葉も通じないのか…君はいったい今の状況をどう感じているのか…」

    ハイル「…退屈」

    今まで、目の動きぐらいしかこちらに反応をしてくれなかった
    人形のようなハイルが、突然動き出す。

    博士「え?」
    ハイル「退屈だ…そろそろ何も話さないのも飽きてきた」
    博士「君、話せるんだね」
    ハイル「当たり前だろ、僕は君達の中で生きて来たんだし、見つかったのだって偶然だし。
     僕がヘマをした、今まで自分の行動にあきれてた。
     今まで本当すんごい反省してた!
     どんな拷問うけるのかと思ったら、身体検査付きの安いモーテルお見合い付き!
     飽きた、飽きたんだよ、もー超猛烈飽きたんだよ!
     毎日毎日、美男美女、老若男女、ガリからデブまで連れて来たって無駄!!
     僕の好みは針の穴のように狭い!
     
     は-もう!!
     捕まった時の僕の覚悟を返して欲しい!
     すんごく怖かった、もう死ぬ…死ぬって思った!
     痛いの嫌いだし、なんかいろいろグサグサやられるのかと思ったし、
     なんか…爪とかはがされちゃってさ、白状しろ!とか、逆さづり?
     なんか逆さづりとかされちゃって、水とかかけられて
     む、鞭とか打たれちゃったりさ…仲間はどこだっみたいな…
     もう、すごい怖くてどうやって舌噛み切ろうと思った!って
     だってやっぱそうなる前に死ぬしかないだろ?
     でもいざ考えると怖いのなんの、舌かむなんて、自らそんな痛いことできないっていうか…
     …
     …
     …」


    博士「…」

    ハイル「!!!」

    博士「話せ…たんだね…」
    ハイル「…」
    博士「ここ…研究所っていっても病院だし……鞭とかはないかなぁ…」
    ハイル「…」
    博士「君の名前は?」
    ハイル「…」
    博士「昔、僕のクラスにもいたよ、口から生まれてきた、とかいうタイプ
       君、そうだろ、そういうタイプでしょう。」
    ハイル「…」

    博士「君、今はここの管轄だけど、あまり成果がえられないと、
     もっと大きなとこにつれていかれるよ。ここは個人的な研究所でね、まだ自由がきく。
     僕は君たちの研究をすることで
     君達を守り、そして僕たち人間の人口の減少を食い止めたいんだ。
     ここを出たら君は間違いなく切り刻まれることになるだろうね。
     そのほうがいいかな、君は。
     切り刻むときは多分意識ないと思うから痛くないもんね。
     でもたぶんその前に痛覚の伝達を調べるとかいって
     体は動かないけど、意識だけは残して反応見る、とかいうのもあるかもねぇ」
    ハイル「!」
    博士「研究には君の意思なんて必要ない、
       でも僕はハイルという種の君自身の事、歴史、そして君のこれからにも興味がある」
    ハイル「…飼育委員かよハイル生態観察?」
    博士「そんな感じ、良心的対応だろ」
    ハイル「…見え見えの安々心理攻撃だな、攻撃レベル1」
    博士「良心的だから」
    ハイル「知ってる…名前はディ、僕たちは仲間と出会い、
    お互いを伴侶と認めたときに強制的に体に変化が訪れるんだ
     


    そして子供を作るんだ」


    続く---------------------------------------------
    ambrosia-r * TransformSpirit * 23:05 * - * - * - -
    このページの先頭へ